採用情報
> > > ケアマネジャー 佐渡さん

ケアマネジャー(介護支援専門員) インタビュー

「気持ち」と「心」を同じ方向に合わせることができる支援を ケアマネジャー 佐渡さん
扶養範囲内で仕事と子育てを両立しています

当社には様々な施設形態・事業所がたくさんがあるので、自分にあった働き方ができます。今は小さな子どもがいるので自宅近くの職場で扶養範囲内で働いています。子どもが大きくなりライフスタイルが変わっても、介護の仕事にはずっと携わりたいと思っています。

インタビュー中の佐渡さん
誰しも皆どこかで「介護」と関わることになる
ご利用者様に笑顔でケアプランを説明している佐渡さん

誰しも皆、年をとっていきます。病気で入院が必要になったり、長生きをして「介護」を受けるようになるかもしれません。同じ家族の中でもご本人やご家族、それぞれの考え方や価値観・経済問題・時間など、様々な事情があると思います。ご本人の思いを一番に尊重しながら「気持ち」と「心」を同じ方向にみんなが合わせていられるよう支えていきたいです。

ご利用者様の笑顔が大きな原動力に
プランを確認する佐渡さん

自分が作ったプランでご本人がお元気になり、穏やかになった顔を見せてくださると、色々と悩んで試行錯誤しながらプランを作って良かった、また頑張ろう!という気持ちになります。ご本人の負担やストレスが大きくならないよう、心地よいケアが行われるプランを心がけています。

ご本人の変化を見逃さない支援を心がけたい

ケアマネジャーの仕事は、看護師、介護士と連携し、ご入居者様の身体の状態やご家族の事情を把握し、相談しながらケアプランを作成します。ご本人やご家族から日常生活に関わる相談を受けたり、 毎日の状態を観察しているケアスタッフ、看護スタッフ、担当医師とのコミュニケーションを取りながらご利用者様の支援をさせていただいています。プラン変更時や新たな取り組みがある時は、変更点をスタッフ間で共有・理解をし、日々のケアに生かしていきます。ご本人の状態の変化を見逃さない様に、1日1回必ず顔を見て、困った事がないか確認し、何でも相談しやすい関係になれる様に接していきたいです。